« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年1月

2014年1月 3日 (金)

登記簿上存続期間が満了している賃借権の移転登記の可否について

新年明けましておめでとうございます

さて、新年早々、真面目なお話を。

事務所の書類の整理をしていて、出てきたものです。

登記簿上存続期間が満了している賃借権の移転登記の可否について

ありがちだと思うのですが、古い賃借権登記の抹消を依頼されました。もう、賃借人は死亡しています。賃借権設定の登記済証は存しません。ここは賃借権の相続登記を入れて抹消したいところ。なぜなら、賃借権の相続登記をすると、新たに登記識別情報が出来ることになりますから。

で、結論から言うと、「賃借権の存続期間の変更をしたうえでなければ、賃借権の移転登記をすることができないものと考える。」と言うことで、抹消の前提に相続による移転登記は出来ないということになります。

・・・と言うことで、相続人全員を義務者として、印鑑証明書を添付して、事前通知形式により抹消したのでした。(しかも、その内の一人の申出書に不備があり、大騒ぎをして。)

【以上、登記情報<432号>37巻11号、相談事例アラカルトを参照】

フォト

事務所紹介

  • 藤井事務所

    〒311-3434

    茨城県小美玉市栗又四ケ1

    藤井洋一:司法書士・

    行政書士・土地家屋調査士・測量士

    藤井里美:司法書士・

    行政書士・土地家屋調査士

    海野康幸:司法書士

    TEL 0299-58-1022/2907

    FAX 0299-58-5207

    管轄:

    水戸地方法務局土浦支局

地球に優しく!