« 魔法の言葉 | トップページ | 成年後見人実務講座 »

2010年1月29日 (金)

贈与税に関する勘違い(;´Д`A ``

先日、司法書士の支部研修会で贈与税に関する研修会がありました。

その中で、恥ずかしながら、勘違いをしていたことを、告白しちゃいます。

 その1 贈与税の申告書は税務署から送られてきません!

 その2 相続時精算課税制度は期限切れしていません!

まず、贈与税の申告は自主申告だという認識はありましたが、数年位前から税務署から贈与税の申告書は自動的には送らなくなったということです。

と言うことで、贈与税の申告書は税務署に請求してください。待っていても、申告書は送られてきません。

そして、実は、すごく便利なお役立ちサイトがあるんです。それは、何を隠そう、国税庁のホームページ

そこから、確定申告書作成コーナーに行くと、贈与税の申告書をネットで作れちゃうんです。(*ただし、贈与税の申告はネットではできません)

それから、期限が切れたのは、相続時精算課税選択の特例(特定の贈与者から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の相続時精算課税の特例及び住宅取得等資金の贈与を受けた場合の相続時精算課税に係る贈与税の特別控除の特例)であり、相続税法の本則に定められている相続時精算課税制度は有効です。

これからが申告の時期です。

まずは、国税庁のホームページで申告書の作成にトライしてみませんか。

私も自分の贈与税の申告書を作成してみました。そうそう、途中で保存することも可能なので、ヒマな時に出来るところだけ入力してみるっていうのも良いんじゃないでしょうか。

« 魔法の言葉 | トップページ | 成年後見人実務講座 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 贈与税に関する勘違い(;´Д`A ``:

« 魔法の言葉 | トップページ | 成年後見人実務講座 »

フォト

事務所紹介

  • 藤井事務所

    〒311-3434

    茨城県小美玉市栗又四ケ1

    藤井洋一:司法書士・

    行政書士・土地家屋調査士・測量士

    藤井里美:司法書士・

    行政書士・土地家屋調査士

    海野康幸:司法書士

    TEL 0299-58-1022/2907

    FAX 0299-58-5207

    管轄:

    水戸地方法務局土浦支局

地球に優しく!