« 公的個人認証サービス | トップページ | オンライン申請準備 »

2007年10月25日 (木)

登記されていないことの証明書

重大な契約をしたりするような時など、成年後見の登記されていないことの証明書を要求される場合があると思います。その、成年後見の登記されていないことの証明書を取得する方法は、3通りあります。今回は、そのうち、窓口申請と郵送申請についてのご説明を。

証明書の発行手続きは、東京法務局後見登録課全国の法務局・地方法務局(本局)の 戸籍課の窓口で行っております。

費用は、1通400円(登記印紙を貼ります)

【窓口で申請する場合】 [受付時間] 平日の8:30~17:15

【郵送で申請する場合】(東京法務局後見登録課のみ)
※ 必ず返信用の封筒(切手を貼り、宛名を記載した長3サイズ(A4の三つ折りの大きさ程度)の封筒)を同封して下さい。

郵送先  〒102 - 8226  東京都千代田区九段南1-1-15 九段第2合同庁舎 東京法務局民事行政部後見登録課

【申請用紙】 ・登記されていないことの証明書(本人申請の場合、記載例付) 

※ 証明書申請の際、本人確認に関する書類(運転免許証、健康保険証、パスポート等、氏名及び生年月日が分かる書類) を提示をします。 郵送の場合には、申請書類とともに、 上記本人確認書類のコピー を同封してください。

リンク: 東京法務局.

« 公的個人認証サービス | トップページ | オンライン申請準備 »

成年後見」カテゴリの記事

コメント

宜しければですが・・・
重大な契約とは?
一つだけでも例を教えていただけませんか?

りょうさん、いつもどうもありがとうございます。
重大な契約として1つあげるとすれば、やっぱり不動産の売買でしょう。
後見に付されているような人と契約をしてしまったら、その契約は取り消されてしまう可能性があります。
それから、色々な資格の欠格事由として、成年被後見人、成年被保佐人というように定められていますので、そのような者ではないことを証明するためにも後見の登記されていないことの証明書が必要になります。
因みに、私の資格だと、司法書士(司法書士法5条)、行政書士(行政書士法2条の2)、土地家屋調査士(土地家屋調査士法5条)に欠格事由として定められています。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 登記されていないことの証明書:

« 公的個人認証サービス | トップページ | オンライン申請準備 »

フォト

事務所紹介

  • 藤井事務所

    〒311-3434

    茨城県小美玉市栗又四ケ1

    藤井洋一:司法書士・

    行政書士・土地家屋調査士・測量士

    藤井里美:司法書士・

    行政書士・土地家屋調査士

    海野康幸:司法書士

    TEL 0299-58-1022/2907

    FAX 0299-58-5207

    管轄:

    水戸地方法務局土浦支局

地球に優しく!